eset FAMILY SECURITYの的外れなインストールエラー

色々あってesetのAnti-VirusからFamily Securityへ乗り換えるためにインストール作業を行った。
・・・が、インストーラーが競合するウィルス対策ソフトウェアを検出して入らない。
検出したのはカスペルスキーインターネットセキュリティ。
確かに過去入れていた時期があるのでその残骸が残っているのかと、カスペルスキー社の削除ツールで片っ端からRemove処理。

しかし、エラーは変わらず出て手詰まり。
仕方が無いのでesetのサポートにログを送ることに・・・

まだ返信は無いのですが、ログ作成ツールで作成されたログをなんとなく見て見ると「セキュリティーセンター」の文字が目についたので、何の気なしにセキュリティーセンターを覗いてみると、サービスが無効になっている模様。
メモリ節約でサービス止めたのかどうしたのかは完全に忘れていたけれど、無防備な状況にしておく訳にもいかないと思い、サービスを自動起動にして実行。

・・・まさかね・・・と思ってセキュリティーセンターが活きている状態で再度esetのインストール作業を行うと・・・はい、動きました。
なんだこれ、サービスが止まっていたのはこちらのミスだとしても、インストーラーのエラーメッセージが全く意味なし。これじゃアレコレ試すユーザーじゃないと絶対判らないYo!

と言う事で、未だサポートから返信は無いのですが自己解決したという話でした。